スポンサーリンク

私の腕時計との出会い!そして趣味としての始まり!

こんにちは、腕時計バカ ターコイズです。

私の腕時計の出会いから趣味としての始まりについて綴っていきたいと思います。

 

腕時計に興味を持ち始めたのは

 

腕時計に興味を持ち始めたのは、中学生になり初めて腕時計を親に買って貰った頃からで

当時は中学生にあがる頃に、通学自転車や腕時計を買ってもらえる事がとても嬉しいそんな時代でした。

今のスマホを買ってもらう感じに似ているんじゃないでしょうかね

 

機械式腕時計も当時あったと思いますが、その頃はもう精度の高いクォーツが売れ筋で、同級生達もクォーツの腕時計ばかりだったように思います。

 

その時に流行ってたシチズンのデジアナというデジタルとアナログの融合したクォーツ腕時計をしてる子も数人いて、わたしは羨ましく感じていた事を思い出しました(笑)

 

我が家は裕福な家庭ではなく、わたしが親から受け取った腕時計はカシオのデジタル時計でした。

いまのチープカシオみたいな素のデジタル腕時計で、シンプルな時計。

多分、親が買ったのではなく何かの景品的なものだったと記憶してます(笑)

 

当時、わたしはクォーツでも3針やデジアナ、クロノグラフ機能の付いたカッコいい腕時計に凄く憧れてそれから腕時計に興味を持ち、いろんな腕時計が気になる、それが自分の腕時計趣味の始まりのように感じます。

 

それから長い歳月が経ち大人になり、いきなり高額なブランド腕時計を買えた訳でもなく、いつか絶対に買いたいという気持ちはずっと昔からありました。

 

でも、欲しいブランド腕時計は、とても高額です!

 

欲しい気持ちが芽生えては消えまた芽生え欲しくなるを随分と繰り返したと思います(笑)

 

本屋さんの立読みで時計雑誌を読み漁ってはため息ばかりでしたね。今思うとそんな時も懐かしい思い出です。

 

そんな中、遂に意を決しこれだ!と思う腕時計を買ったのです!清水の舞台から飛び降りると言いますか、それはもうとても興奮してました。

その頃は、子供もいてその買った時の子供たちの言葉や家族みんなの情景を今でも鮮明に憶えてます。

 

スポンサーリンク

しかし、その腕時計を手放す時が来てしまった!

子供たちの進学がある時期に家や車のローンなど重なり家計は大ピンチ何とかしなくてはと私はその腕時計を泣く泣く売却てしまったのです。

並行店で買ったスポーツロレックス!十年間くらいは使っていましたが、とても残念で仕方なかったのですが、、😢

 

売るとなったら少しでも高く売れそうな時計専門店をさがし売却をしたのですが、その時の買い取り価格が思いのほか良かったで次に来る腕時計趣味に繋がってしまったのです💦

 

子供達も大きくなり手が離れ、少し余裕が出だすと時計への思いが日々強くなってくるのです(笑 

あの頃、初めて買うときにどれを買おうかと候補に上がってた腕時計達が次々に気になり出します。

 

アレ⁈あっちも、コレもいいな、なんて迷いに迷って決めたのにまた浮気心も沸いてくる(笑)

自分の理想を追い求める為に買ったり売ったりめちゃくちゃ散財し、今でも腕時計にハマっている腕時計バカ💦

 

腕時計は買いたい時が買い時と言える事も多くあり、良い物を身に着けると気持ちも変わるし人生も変わる⁈

 

あなたの人生を共にする一本を見つけてみませんか?そんなお手伝いもさせて下さい!

 

えらそうなこと言って、わたしもたどりり着けていない究極の一本💦

 

腕時計バカ!感じた腕時計の選び方、楽しみ方なショップや雑誌とはちょっと違う視点で伝えて行ければと思います。

 

購入の際に少しでもこのブログがお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク