スポンサーリンク

機械式腕時計と対比するクォーツの腕時計の中でもデジタルなモデルといえばカシオの腕時計が思い浮かぶのではないでしょうか!大人から子供までみんな知ってる日本の腕時計ですね!

カシオといえば安いモデルのチープカシオから人気のGショックなど高級なブランド腕時計というよりも丈夫で安心して使える実用性の高い腕時計です。

G-SHOCK フルメタル

近年、フルメタルのGショックが人気を集めていて昔からあるGショックといえば樹脂で包まれたケースで保護されているので衝撃にも丈夫そうでしたが外装、構造、モジュールの進化によりフルメタル製でもしっかりと保護される作りになっています。

 

1983年に誕生した当時のデザインを継承しフルメタルGショックとして進化したこのモデルは懐かしくもあり新しい構造や機能を持ち新たな魅力も秘めています。

Gショック GMW-B5000D-1JF

価格:¥60,000+税

引用元:https://g-shock.jp/products/origin

 

フルメタル耐衝撃構造:  表面のケースとの間に緩衝材を入れメタル外装でも高い耐衝撃性能を実現

メタル仕上げ: ベゼル部にはサテン仕上げのヘアラインを入れメタル部とのコントラストで質感を演出

バンド接続部: バンドとの接続に2つの溝を設け3本の足構造にする事で衝撃を分散する構造

フィルムソーラーパネル+STN液晶:  ソーラーパネルをフィルムにする事で加工しやすく開口部を中央に設け反射を抑えながら視認性を確保し高コントラストで高視野角のSTN液晶の採用と高照度フルオートLEDバックライトも採用

裏蓋: 気密の高いスクリュウーバックとし表面にDLC加工する事で耐摩耗性を強化

ブルートゥース搭載電波ソーラー: 標準電波(マルチバンド6)による時刻修正、スマートフォンとの通信で機能連動可能

防水性: 20気圧防水

 

Gショック GMW-B5000V-1JR

価格:¥110,000+税

 

引用元:https://g-shock.jp/products/origin

今回発売されたのはフルメタルスクエアGMW-5000からエイジング加工を施したモデルです。

長い間、使い込んだツールイメージを出す為にあえてブラックIP処理後にはがす事で使い込んだような感じのケース表面を作り出しています。

 

フルメタルGショックのラインナップには他にもゴールドタイプとブラックタイプのカラーバリエーションと樹脂バンドモデルでブラック、シルバー、ブルーの三色です。

価格は全て税別価格

フルメタル

シルバー:¥60,000円+税

ゴールド及びブラック:¥68,000円+税

エイジング加工ブラック:¥110,000円販売終了

樹脂バンド

シルバー:¥50,000円+税

ブラック及びブルー:¥56,000円+税

価格は2020/1月現在の価格

まとめ

これらのモデルはGショックの中でも価格的には高いモデルといえますがフルメタルGショックのシルバーやゴールドは特に人気があるようです。

今回の新作エイジング加工モデルは加工の違いで5万円高いですが金属のエイジングされた質感や触り心地もいいのでこの加工を高いと思うか安いと思うかは実物を見て欲しいです。

 

エイジング加工されたブランド腕時計の中に2015年に登場したラルフローレンのサファリというモデルもありましたがあの腕時計も傷付いても楽しめる腕時計として人気でしたね。今後、他のブランドでも傷付かないというより傷を見せるとか楽しむモデルが増えると腕時計をもっと気軽に楽しめると思いますね。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます⇒チープカシオの人気!安さだけじゃやない⁈軽さは最高の着け心地

スポンサーリンク