こんにちはターコイズです。
休日はジーンズを穿く事も多く腕時計のベルトも合わせたいって事で合いそうなベルトを購入しました。

 

スポンサーリンク

ジーンズに似合う腕時計ベルトへ交換!夏のカジュアルファッションにもブルー系は似合う

ブレスレットタイプと違い革モデルは比較的ベルトの交換は楽しめます。

夏なので裏地はラバー素材のタイプが断然おすすめで表面は素材の違いで選べるのもいいですね。

汗をかくシーズンにとブライトリングのプレミエピスタチオモデルをラバー素材のストラップに替えてはいたのですが

ジーンズとの相性を考えると悪くはないけどって感じ。

最近スマホのショッピングサイトで腕時計とは全く関係ない物を購入した際にオススメ的な感じで出て来たのが腕時計のベルト!

一度でも検索したり調べたりすると直ぐに何かの広告と共に出て来たりして最近のネットは凄いですね。

 

ちょっとジーンズ系のベルトを検索してる中で気になった岡山デニム!クラッシュ加工もあるようで、これはDsquared2にも行けそうって事でポチリ!

 

ジーンズに似合う腕時計ベルトへ交換!岡山デニム+クラッシュ加工

20㎜-18㎜の幅なのでオメガのシーマスターやロレックスのGMTマスターにも付ける事は可能なので少し乗せて見た感じでは

GMTマスターが一番似合いそう!

でも、GMTマスターのジュビリーブレスレットは着け心地もいいしシーマスターはラバーストラップも考えているので

まずはブライトリングのピスタチオで交換してみました。

交換してみると意外とこれはいい感じ!

ピスタチオのグリーンと加工された部分の薄いブルーがとても良い感じで気に入りました。

ベルトを替えると雰囲気も変わり違う腕時計になったみたいです。

使い込んでいくともっといい感じになりそうでこれからの変化も楽しみたいですね。

 

ジーンズに似合う腕時計ベルトへ交換!オーダーで出来るだけ厚みのうすいベルトでカジュアルドレッシー

パテックフィリップのウイークリーカレンダーは購入のタイミングがちょうど暑くなりそうな時でした。

革ベルトでは使いたくなかったのでラバー素材で似合いそうなベルトを探す中、とりあえずNATOに替えて使っていました。

裏側ラバー素材のベルトはあるのですが、どうもベルトサイズや厚みが似合わないって事でオーダー。

予定では3ヶ月程かかりそうだったのですが早く出来上がったみたいで良かった。

出来るだけ純正に近い厚みで幅は同じ20㎜-16㎜がいい!

クロコ革も考えましたが、ランゲ1815に使っていたベルトもあるので、カジュアルに使うカーフで選択。

ジーンズにも合わせたいので濃いブルーで決めてステッチ色はシンプルに同色です。

 

交換してみるととてもいい感じ!ステッチを同色にした事でカジュアルになり過ぎずにドレッシーにも使えそうで満足ですね。

使い勝手でピンバックルをモレラートの両開きバックルに変えたのも着け心地いいです。

 

まとめ

ジーンズに似合う腕時計ベルトを考えた中で、ブライトリングのプレミエピスタチオにクラッシュ加工のデニムベルトが以外に良かったです。

ウイークリーカレンダーに合わせたブルーのカーフベルトはある程度の上品さを感じさせてる中で濃いワンウォッシュデニムに似合いそうで満足な仕上がりでした(≧▽≦)

 

腕時計はベルトを替えるだけ全く違う表情を見せてくれるのも楽しみのひとつですよ! 

今回も最後まで見て頂きまして、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク