スポンサーリンク

ブランド腕時計のスポーツモデルは防水性能が少しでも高い方が安心感があります。その中で最も防水性の高いスポーツモデルと言えばダイバーズですね。

人気のダイバーズウォッチはどれを選ぶ?ブランドとモデル!

ブランド腕時計のダイバーズウォッチは基本的にステンレススチールですよね!今回は現行モデル300m防水性能でステンレス3針デイト付きのブレスレットモデルです。

ロレックスのダイバーズウオッチ

ロレックスのダイバーズウォッチと言えば誰もが認める

サブマリーナ Ref.116610LN

引用元:the-ticken.com

 

ケースサイズ 約40mm厚み13mm

リューズガード あり

文字盤  ブラック

ベゼル  ブラックセラクロム(逆回転防止付き回転ベゼル)

風防  サファイヤガラス フラット  日付表示部にサイクロップレンズ裏面に無反射コーティング

防水性能 300m

パワーリザーブ約48時間

定価 ¥943,800円 税込

2020/1月現在の価格

グライドロッククラスプ付きのブレスレットで腕周りの微調整も簡単ですので完璧!ベゼルのノッチ感や触り心地もいいですね。

デザインは昔からのサブマリーナの形は守りつつ進化して丈夫で重くはなってますがつくりは良くなっています。

さすがロレックスのダイバーズウォッチですね。隙が無いです。

 

ただ、ラグの所のケースの形を広くした事で座布団ケースと呼ばれたりしてあまり好まれない人もいます。

これはオーバーホールやメンテナンスで磨かれてもケース痩せ対策としての強度的なものかデザインなのかはメーカーの考え方なのでわかりません。今後のケース形状の変化でこの時代の特徴となるかも知れませんね。

グリーン サブマリーナ Ref.116610LV

 

引用元:the-ticken.com

 

定価 ¥987,800円 税込

ロレックスのSSサブマリーナの場合はブラック文字盤はデイトがある、なしの二種類とグリーン文字盤がデイト付きで一種類なのでとてもシンプルで選び易いです。

しかしながらとても人気で正規新品を誰でもすぐに買えないのが唯一の難点でしょうか。

 

オメガのダイバーズウオッチ

 

オメガのダイバーズウォッチといえばシーマスターですね。ただ、シーマスターも進化して今では数多く驚くほどのシーマスターがあります。

 

今回は私の感覚でシーマスター ダイバー300mコレクションの中から選んだのは

オメガ  コーアクシャル マスタークロノメーター42MM

 

 

 

引用元:the-ticken.com

 

 

仕様

ケースサイズ 約42ミリ 厚み約13ミリ

文字盤  ブラック ブルー グレーの三色でブラック、ブルーはポリッシュ、グレーはサンブラッシュ仕上げPVDクロームカラーのセラミック製でシーマスターの特徴のひとつである文字盤の波模様をレザーエングレービングで施されています。とても凝ったつくりですね。

 

ベゼル  セラミックベゼル (逆回転防止付き回転ベゼル)

風防  両目無反射加工のドーム型サファイヤガラス

防水性能  300m

パワーリザーブ 約55時間

ヘリウムエスケープバルブ あり    裏スケ  あり

定価 ¥616,000円 税込

2020/1月現在の価格

 

このモデルにはラバー仕様などもありロレックスのサブマリーナと比べると種類が多いです。

ベゼルや文字盤も凝った作り込みで裏側スケルトン仕様、ヘリウムエスケープバルブまで備えてあり15,000ガウス以上の耐磁性能をもったムーヴメントですのでお買い得感が高いです。別売のストラップバンドも用意されていてオメガは至れり尽くせりですね。

スポンサーリンク

 

IWCのダイバーズウオッチ

 

IWCやブライトリングといえばパイロットウォッチのイメージが強いと思いますが、私の中では深海でも強い腕時計を作るブランドだと感じていました。防水性能が2000メートルを誇りながらもヘリウムエスケープバルブなど装備しないダイバーズウォッチが以前はありました。

 

他のブランドメーカーは腕時計内に入り込んだヘリウムガスを抜く事で安全性を考えていましたが、IWCはヘリウムガスが入っても壊れない腕時計を作る事を考えたのです。逆の発想ですね。

現行モデルにはヘリウムエスケープバルブを全てのモデルに備えられていますが、デザイン面での採用じゃないの?と思えるのは私だけでしょうか。

 

アクアタイマー・オートマチック  IW329002

引用元:the-ticken.com

 

ケースサイズ  約42ミリ 厚さ14.2ミリ

リューズガード なし

文字盤  ブラック ブルー

ベゼル  ステンレススチールのセーフダイブ・システム付き機械式アウター/インナーベゼル

風防  両面反射防止加工施したドーム型サファイヤガラス

防水性能  300m

パワーリザーブ42時間

ヘリウムエスケープバルブ  あり  ストラップ  幅22ミリ

 

定価 ¥753,500円 税込

2020/1月現在の価格

 

このアクアタイマーの特徴として他のダイバーズウォッチと違うのは内部機構を海水や埃などから守るインナーベゼルを採用しているところです。アウターベゼルの動きはクラッチシステムを介しインナーベゼルに伝えられている。(アウターベゼルはどちらにも回りますがインナーベゼルは反時計回りにしか回らない)

 

そしてブレスレットはラバーストラップに超簡単に取り替えできます。これはIWCならではの構造でとても便利です。ブレスレットの駒調整もブレスレットの内側の丸い部分を押す事で連結された軸棒が抜けるのでとても簡単です。この構造で全てのブレスレットの駒が外れるのも凄いですね。このブレスレットの幅といいIWCのダイバーズウォッチを触れば質実剛健な作りはひしひしと伝わります。

 

300m防水ステンレススチールの3針ブレスレットモデルは他にもたくさんありますが今回は気になるこの3機種を比べてみました。

 

IWCの場合ラバーストラップのタイプが多い中で、こんなタイプもありますよ。

 

アクアタイマー・クロノ エクスペディション チャールズ・ダーウィン

IW379503

価格 ¥1,188,000円 税込

引用元:the-ticken.com

ラバーストラップのタイプでケースはブロンズですので使っていくうちに経年変化が楽しめるモデルです。

ステンレスと比べ輝く感じではないでしょうけどだんだん渋い味の出るモデルでしょうね。ブロンズの腕時計もコレクションの中に一本欲しいところです。

 

また次の機会には違うブランドなども見て行きたいと思います。

 

まとめ

ブランド腕時計のダイバーズウオッチで人気のモデルのご紹介

ロレックスは定番と言えるサブマリーナのデイト付きで、昔から人気のモデルです。

 

オメガのダイバーズウオッチと言えばシーマスターで種類も豊富なモデルです。

 

IWCのダイバーズウオッチも人気で質実剛健な造りは男心を擽るモデルです。

 

どのブランドのダイバーズウオッチも人気がありブランドの定番と言えるモデルも多いです。ダイバーズウオッチは重いですが防水性能はいいので水には安心出来使う事ができますね。

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます⇒ロレックスのシードゥエラーあなたに似合うモデルはどれ?

スポンサーリンク