スポンサーリンク

おしゃれを楽しむファッションアイテムの中に腕時計って意外と大きな存在になってませんか?

腕時計の色をその日の装いに合わせる事で統一感が生まれおしゃれ度がUPしますよね!

 

腕時計に合わせる色の種類

 

おしゃれやファッションに詳しい訳ではないですが服装での色の統一感は大切かと思います。ベルトと靴や鞄など小物と色を合わすと見た目がスッキリ決まりますよね!

 

腕時計の文字盤で定番の色はブラックやホワイト、シルバーといったところですが色の種類は数え切れない程あります。大きく分けたこの中でも単にブラックと言っても種類がありますよね。

 

たとえば艶があるものからマットな艶なし、メタリック調からカーボン調なものなど同じ色でも見た目や印象は違います。

艶のあるブラック文字盤 ロレックスシードゥエラーRef.16600

新型エアキングRef.116900は艶を抑えたブラックです。

引用元:https://the-ticken.com

 

鞄やベルトにも艶のある物とない物があるように腕時計の文字盤やストラップにもあるのでそこを合わすとより統一感がでると思いますよ。

 

文字盤に使われる素材にも金属で加工され放射線状に反射するものや筋状や格子状なデザインとMOP(マザー・オブ・パール)天然素材などを使われたり変わり種ではメテオライト(隕石)を加工して使っているものもあります。

 

引用元:https://the-ticken.com

マザー・オブ・オパールを使ったブライトリングのクロノマット

 

こんな文字盤は見る角度により印象が変わりますがブルー系、ホワイト系のファッションに合わせると決まりそうですね。

 

腕時計のブレスレットや革ベルト

ブレスレットは時計ケースと素材などの違いでシルバーかゴールドそれとシルバーとゴールドのコンビやPVD加工ブラックなど種類もあります。

 

ブレスレットの形状や組み合わせも各腕時計ブランドにより違い雰囲気も変わりますが、指輪やネックレス、鞄の金具、ベルトのバックルなど身に付けている小物と色を合わすとおしゃれ度もワンランク上がるのではないかと思います。

 

スチールブレスレットはそれぞれ腕時計自体の構造もあり全く違う物に交換して合わせる事は難しいですが革バンドは正規品以外に多くの市販ブランドもあり交換出来るのでファッションに合わせ楽しんで欲しいです。

スポンサーリンク

ラバーベルト

ラバー素材のベルトも各色あります。

ラバーベルトは素材の感じやデザインなどでイメージがガラッと変わるのですが市販品ではその腕時計にあうデザイン性の良い物が少ないですのでブランドの純正品を選ぶかそのモデルに専用設計された市販品とかがおすすめ。

尾錠とバックル

尾錠は革バンド、ラバーバンドの腕時計なら純正品でよいのですがブレスレットを革に交換する場合、純正品の尾錠があれば良いのですが、なければ市販品尾錠及びバックルとなりますね

中にはブランド純正バックルに似せて作られた市販品もあるみたいですがデザイン的にその腕時計に似合うかどうかも選ぶ時のポイントです。

 

まとめ

腕時計を選ぶ際に自分のファッションスタイルに合ったデザインや色を選んでいると思いますが、たまにはTOPや気分に合わせて革やラバーバンドに変えてみるのもおもしろいです。

 

革ベルトやラバーを交換して靴やベルト、バッグなど合わせてワンランク上のおしゃれを楽しんでくださいね。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます⇒腕時計の革ベルト交換の注意点やブランド選びで秋の装いを楽しむ!

スポンサーリンク