スポンサーリンク

こんにちはターコイズです。

腕時計を着けている時に痛かった経験を持ってる方も多いと思います。原因としては、大きさや重さで手首の負担になり痛いと感じる事が多いのではないでしょうか。

大きくても、軽い腕時計なら着け心地もいいので、そんな軽い腕時計のご紹介をしてみたいと思います。

腕時計の痛い原因は、大きさと重さ⁈

ビジネスでは、小さく薄い腕時計の方が、着け心地も良く着けている事を忘れるほどですが、好みで、少し大き目の腕時計も存在感があり着けたい気持ちもありますよね。

休日のファッションや趣味のアイテムとして使うには、大きくて多少は重い腕時計でも楽しめますし、大きい腕時計を好んで着ける方だっています。

 

腕時計を使っている中で、痛いと感じる瞬間は、ケース幅、重さは関係ありますが、多いのはリューズが手首にあたったり、ケースの角などが手首のくるぶし辺りで動く時にあり、時計自体が重いと余計動きも大きくなり痛みを感じたりします。

 

ファッションは我慢するものだ、と言われる方もいますが、痛いのを無理して着けているのは辛いものです。あまりズレないようにストラップをきつめにしたら圧迫感や締め付け感で余計に痛みを感じたりもします。

 

軽い素材を使った快適な着け心地の腕時計!

大き目の腕時計でも時計自体が軽いとだいぶ痛みは少なくなり実用的とはいえない大きさの腕時計でも軽い素材であれば意外と着けやすいモデルもありますね。

 

一般的な腕時計ケース自体の重さを比べたら、金無垢モデルはステンレスの2倍、チタンでは4倍以上の重さがありますから重いと感じる事でしょう。

 

逆にカーボン素材ではステンレスの4/1の軽さなので軽いと感じますね。

今は、チタンやカーボン、セラミックなどの素材を取り入れた腕時計も多くなり各ブランドから出されています。

 

海外ブランドの大きくても比較的に軽いモデル

スポンサーリンク

 

チタンモデル

ゼニス

EDDY

価格 ¥803,000円 税込

ケース 41ミリ

ブラッシュ仕上げチタンのケース

ブルーアリゲーターレザーでコーティングしたブラックラバーストラップ

引用元:www.zenith-watches.com

このモデルには、ブレスレットタイプもあり、素材の軽いブレスレットも気持ちよく使えます。スケルトンモデルでありながらも、インデックスや針に夜光が入っているので視認性は良い方だと感じます。ラバータイプでコーティングされたストラップなのも嬉しいです。

IWC

ビックパイロットウォッチヘリテージ

価格 ¥1,611,500円 税込

ケース 46.2ミリ

チタンケース カーフスキンストラップ

引用元:www.gressive.jp

このパイロットウォッチはサイズ的に大きいので、腕に合わない方は40ミリモデルがいいと思います。小さい40ミリだとホント軽く着け心地いいです。

カーボンモデル

パネライ 

サブマーシブル ルナロッサ

価格 ¥2,629,000円税込

ケース 47ミリ

カーボテックケース&ベゼル

引用元:www.gressive.jp

スチール製のパネライのサブマーシブルに比べカーボン、素材ですので軽く着け心地はいいと思います。

 

セラミックモデル

OMEGA  

ホワイトサイドオブザムーン

価格 ¥ 1,430,000円税込

ケース44.25ミリ

ホワイトセラミック&レザーストラップ

引用元:www.omegawatches.jp

このモデルは真っ白ですが、真っ黒なモデルや、ベゼルにゴールドを使ったモデルなど種類も多くあります。セラミックモデルは軽いのと擦り傷など付きにくいのがいいです。

ウブロ

ビッグバン

セラミックブルー

価格 ¥1,881,000円 税込

ケース 44ミリ

ケース&ベゼル マイクロブラスト加工ブラックセラミック

ブルーラバー×ブルーアリゲーターのストラップ

引用元:www.hublot.com

ブルーで統一されたデザインが美しいモデルで、ファッションに合わせて使いたいですね。ラバー系ストラップはこれからの季節にも合いますね。

軽い素材のブランド腕時計になると価格帯も高いモデルが多いですが、腕時計全体が軽いので、重い腕時計に比べ使い心地は良いです。

まとめ

腕時計を着けている時に痛かった経験を持ってる方も多いと思いますが、やはり原因としては、大きさや重さで手首の負担になり痛いと感じる事が多いのではないでしょうか。

 

チタン、カーボン、セラミックという素材で軽くつくられたモデルなら、大きくても腕時計の素材が軽ければ痛みも少なく着け心地は良くなります。

 

軽い素材を使ったモデルはやはり高額になりますが、痛みなど着け心地が気になる方は選んでみるのもいいかも知れませんね。

着け心地がいいとその時計ばかり手にするようになりますよ!

 

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます⇒腕時計が痛い⁈最適なブレスレットの長さやバックルの調整方法

今回も最後まで見て頂きまして、ありがとうございました

スポンサーリンク