スポンサーリンク

ロレックスといえば誰もが知ってる高級ブランドの腕時計でブランド腕時計を買うならロレックスが欲しいと思う方も多いと思います。初めて買う方の参考になればと思います。

 

比較的安いロレックス

ロレックスのプロフェッショナルウオッチ(スポーツモデル)で比較的安いモデルといえばエアキングやエクスプローラーなどのモデルです。

ロレックス エアキング Ref.116900

引用元:https://the-ticken.com

 

このエアキングが発売する前のエアキングといえばドレス系の腕時計でケースは34ミリの小さ目の腕時計(Ref.114200)で位置付けとしてはオイスターパーペチュアル デイトのデイトが無いロレックスの中で比較的安いモデルでした。

エアキングというペットネームは古くから使われて来ましたが2014年に廃盤となってしまいました。しかしそれから2年後に全くイメージの違う新しいエアキングとして生まれ変わり復活したのです。。

ケースは40ミリに拡大し文字盤にグリーン色のロレックス文字に秒針、ロレックスの王冠は黄色になるなど新しい取り組みで話題になった反面ケースははミルガウスを流用し文字盤はエクスプローラーⅠの文字盤に数字を付け加えたなど批判的にとらえた記事もありました。

でもそれってミルガウスの耐磁性能を持ちエクスプローラーⅠの文字盤だとしてもめちゃくちゃお買い得な感じじゃないですか?上位機種のいいとこ取りです。ミルガウスのようなセンターポリッシュではないブレスレットも派手でなく使えると思う方もいらっしゃると思います。

 

エアキングのデザインはブラッドハウンドSSC(ジェットエンジンを積んだ超音速カーでロレックスがプロジェクトに支援)の計器デザインを採用しています。アラビア数字が多く入るのもロレックスにない新しい感じだと出た当初は思ってました。

 

【仕様】

ケース:40ミリ ステンレススチール

ブレスレット:オイスター3列リンク(センターポリッシュ)

防水性能:100m

パワーリザーブ:約48時間 自動巻き

価格:税込67万6500円

2020/1月現在の価格

スポンサーリンク

 

ロレックス エクスプローラー Ref.214270

写真のエクスプローラーは現行のモデルでなくひとつ前のモデルです。(3・6・9のインデックスに夜光が入ってないタイプで針も少し短い)リファレンス、価格は同じ

エクスプローラーといえば昔も今もロレックスの人気モデルでシンプルでバランスよいデザインが魅力的です。

歴代を見ると36ミリのケースサイズでしたが時代の流れか2010年にリニューアルして39ミリのモデルへと変わって来ました。そして2016年に現行モデルのアラビア数字インデックスに夜光が入り針が太く長いタイプに変更されました。

引用元:https://the-ticken.com

エクスプローラーはどの時代のモデルも人気ですが、時計好きの方は今でも36ミリのモデルの方が好きと言われる方も多いですね。腕時計のサイズは1ミリ違ってもバランスの違いを感じますサイズとバランスについてはコチラで解説⇒腕時計のサイズとバランスはベゼルや風防の大きさが要です。意外と小さ目の腕時計は通好みですね(笑)

新しいモデルは性能的には上がっているし作りも堅牢でクラスプなどの使いやすさもあり進化しています。今の現行モデルとひとつ前のモデルは同じ39ミリでも今後の人気度が変わるのかも興味深いです。みなさんはどちらが好きですか?^^

【仕様】

ケース:39ミリ ステンレススチール

ブレスレット:オイスター3列リンク

防水性能:100m

パワーリザーブ:約48時間 自動巻き

価格:税込68万7500円

2020/1月現在の価格

まとめ

 

比較的安いといっても60万円以上するので買いやすいとは言いませんが今は中古の価格が定価よりも高いので売れているのも確かです。この二つは日付表示はないので初めて買っても誤操作で壊す事も無いですね。ロレックスの腕時計に憧れ人気定番モデルが欲しいのであればエクスプローラーが良いと思うし今迄にない新しい感覚のモデルならエアキングもいいでしょう。

 

正規品のロレックスを買いたいなら正規店に足繁く通えば出会える可能性も増えます。何度も通えるかで自分のロレックスに対する欲しい気持ちの度合いも分かるのではないでしょうか。

それと苦労して買ったものは大切に使いますしそれが貴方の買った腕時計(ROLEX)ストーリーの始まりなのですから

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます⇒不動の人気エクスプローラー⁈ロレックスの定番モデルはどれを選ぶ?

スポンサーリンク