スポンサーリンク

機械式腕時計はオーバーホールが定期的に必要です。よく聞くのは3年~5年でのオーバーホールだと思いますがホントはどうなのか?

 

機械式腕時計を使っていると気になるオーバーホールどんなタイミング⁈

 

 

 

3~5年は間違ってないですね。この定期的なメンテナンスで悪い事なんてないでしょう。

しかし数本の機械式腕時計を使いまわしたり週末しか使わないならもう少し余裕を持ってもいいんじゃないかなと思います。

要は自分の使い方次第でオーバーホールを考えて普段より進みや遅れが多いと感じたらオーバーホールに出す感じでいいと個人的には思います。

 

もちろんこの期間より前でも遅れや進み具合がおかしい時などいつもと違う症状が出たら直ぐに時計屋さんに見て頂く事が大切です。

落としたとかぶつけたなど不具合の起きたきっかけで何か思い当たる事があれば伝えて修理やオーバーホールをショップと相談して下さい!

 

オーバーホールに出すのはどこか⁉

 

正規店での新品購入ならメーカーにオーバーホールに出す事が一番安心です。

やはりどこのブランドでも正規オーバーホールの信頼度はナンバーワンでしょう。

しかしながらブランドメーカのオーバーホール代金は高めとなります。

 

たとえばロレックスのステンレスモデルで基本料金は約40,000円~60,000円くらいですがそれにリューズやチューブ、バネ棒などロレックス・サービスでは悪い所を交換するのでもっと金額は上がり最終的に100,000円程度になる事もあります。

 

でもロレックスの正規オーバーホールは2年間5年のメーカー保証がありますのでこの金額をどう考えるかですね。

ブランドによっては日本の正規品以外のオーバーホールは高くなる事があります。

 

ブライトリングの場は正規品(日本の正規店で買った本人証明書有り)以外は正規オーバーホール割引を受けられない。

正規店での販売を守るためでしょうけど同じオーバーホールで倍の金額って⁉

スポンサーリンク

 

もう一つは民間の時計修理業者や中古を扱っている並行店など

 

この場合はオーバーホールの金額も半額くらいに抑えられるお店もあるので良いのですが、メーカーとは違い技術的な部分において信頼のおけるお店に出す事が大切です。

 

お店により技術や保証、金額も違うのでメーカーオーバーホールとの違いなどを考えて良いお店で出来るならお得です。

 

それと、ブランドによってはオーバーホール出来ないとか特定のブランドしかオーバーホールをしない業者もあると思います。

 

たとえば、パテックフィリップなど雲上と呼ばれているブランド腕時計を所有されている方はメーカー以外のオーバーホールには出さないとは思いますがメーカー以外オーバーホールが出来ないモデルもあります。

 

オーバーホールは機械式腕時計には絶対に必要です。そして高級ブランドでも高額なモデルほどメンテナンスにお金がかかるのも事実です。

 

ブランド腕時計はとても贅沢品です。車でも高額な輸入車は維持費がかかるのと同じようにブランド機械式腕時計も維持費はかかりますが車と違いオーバーホールして外装仕上げで磨いたら綺麗な状態に戻り末永く使っていけます。

 

高額な機械式腕時ですので購入前にオーバーホールも気になると思います。永く愛用するにはそれなりの維持費の事など考えて腕時計を選ぶ事も必要ですね。

 

まとめ

あえてメーカー以外でオーバーホールしている方もいます。それは、メーカーへオーバーホールに出すと針や文字盤の交換をしないとオーバーホールをしてもらえない時です。

 

腕時計は古くなると針や文字盤も傷んできます。メーカー側としては傷んだものは交換するのは当たり前ですね、でも愛用してる本人としては古くなった味わいがいいし好きだというときは、メーカー以外のオーバーホールとなります。

 

ヴィンテージなどはそんな考え方で古い状態がいいのです。傷ついたケース本体もあまり磨かない方がいいのです。

メーカーのオーバーホールでもそんな拘りがある方は見積もりの段階で尋ねてオーバーホールに出すか検討してみて下さいね

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます⇒機械式腕時計の弱みを知らないとダメージをあたえているかも⁉

スポンサーリンク