スポンサーリンク

機械式腕時計はクォーツ(電池やソーラー電池)の時計と比べると内部の構造がとても繊細なつくりなので大切に扱わないと壊してしまいます。

機械式腕時計を壊す理由を知って欲しいのです。

 

時計の弱点を知って大切に付き合いたいです。

まず一番の弱みは衝撃に弱いところです。

引用元:https://g-shock.jp

スポーツで腕に瞬間的にでも衝撃を与えることがあるものは避けて欲しいです。

たとえば野球のキャッチボールなどの衝撃にも弱いとされている。グローブは普通右利きだと左にグローブをはめてます。左腕にボールをキャッチした時、瞬間的に衝撃を与えてしまうし投げる動作やバットで打つ瞬間にも大きな衝撃がありますので機械式腕時計はやめましょう。

 

ゴルフなども基本右利きなら左腕が主軸でスイングですから大きく振る動作やボールを打つ瞬間も怖いですね。

 

でも、テニスプレーヤーのラファエル・ナダル選手は競技中でも機械式腕時計を使っています。

何故か?

あの機械式腕時計は特別軽量な金属やカーボン素材を使っていて衝撃に強く作られているからです。

 

それはリシャール・ミルというブランドの機械式腕時計でめちゃくちゃ軽いです。リシャール・ミルの腕時計を一度触らせて頂いた事がありますが、それはもうプラスチックで出来た子供のおもちゃみたいな軽さで驚きました。

 

あのラファエ・ルナダル選手のモデルRM 27-03 トゥールビヨン の予価は89,000,000円  だって(笑)  お値段も驚愕ですね。

ちなみに 錦織 圭選手が以前試合で使ってた四角い腕時計はタグ・ホイヤーのクォーツ腕時計でした。

 

機械式腕時計の中にはリシャール・ミルのような特別な腕時計もありますが一般的にはスポーツなどの時は外す事をおすすめします。

スポンサーリンク

二つ目の弱みは磁気に弱いところです。

 

一般的な機械式腕時計の内部には金属の小さなパーツの集合体ですので強い磁気の近くに晒されると帯磁(磁気が帯びる事)してしまうのです。そうなると時計が狂ってしまいます。

 

軽い帯磁なら簡単に消磁(磁気を除去する事)できますが長い間強い磁気に晒されると時計内部のパーツごとの消磁となるので気を付けないといけませんね。

 

しかし、機械式腕時計でも帯磁を防ぐ為の構造をもった時計もあります。

時計ケースを二重にして磁気を遮断する構造や時計ムーヴメント自体を非鉄金属(磁気に影響を受けない金属)で作る方法などあります。

 

中でもブランド腕時計 オメガの耐磁腕時計の性能はズバ抜けていて非鉄金属ムーヴメントで強磁場といわれるMRIの中でも耐える性能を有しています。

 

まあ、普段から磁気の強い場所に腕時計を近づけなければ良いのですがスマホやタブレットのスピーカー部、持ち歩くバック、ケースの止め具の磁石とか普段気にしないところにも磁石などがある事を覚えていて欲しいです。

 

水に弱い 防水機能の性能差

腕時計には様々な防水機能を有する物があります。

一般的な生活防水から深海まで潜れる程の高性能な防水性を持った物まで様々あり、その性能に合った使い方をしなければ内部に浸透して壊してしまうので気を付けて欲しいです。

いくら防水機能が良いからと言っても温泉やお風呂での使用はおすすめしません。石鹸や洗剤などや温泉成分で防水パッキンに悪影響を与える可能性もあります。ダイバーズウオッチでも海やプールでの使用後は真水での洗浄をしてくださいね。

 

そして最後に使い方での注意点。

 

日付の機能がある腕時計を普段から使っておられる方はご存知でしょう。機械式腕時計の日付を変更する時間帯で気を付ける事があります。

GMT機能付きや特殊な機能を持った腕時計を除く一般的なクイックチェンジ機能の腕時計を指します)

 

これは腕時計が今現在示してる時刻が午後の8時から早朝4時の時間帯にあった場合に日付を変更してはいけないのです。

 

この時間帯辺りから内部構造の日送りの歯車がかみ合うのでその時に早送り車を動かそうとする事で引っかかって不具合をおこすので注意しなくてはならないです。

 

しかし、この日付禁止の時間帯でも影響を受けない機械式腕時計もあります。

最近のロレックスのデイトジャストやブライトリングのクロノマットでB 01という自社製ムーヴメントを搭載した腕時計です。今後はこんなムーヴメントを積んだ腕時計も増えてくると思います。

 

まとめ

機械式腕時計の取り扱いで気を付ける事は

衝撃に弱い

磁気に注意

防水性能を知る

使い方を間違えない

 

そして最も大切で初歩的な事を忘れないで下さい。

腕時計を着けたり外す時は慎重に行う事。不意に滑る事もありますし革ベルトなどは最初硬く馴染んでなければ跳ねることもあります。

落として壊す事もありますので脱着はテーブルの上とか外れたり落としても大丈夫と思えるところで行う癖をつけてください。

自分の不注意で壊すのはつらいです。

機械式腕時計の注意点を知った上で愛着をもって付き合ってくださいね。

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます⇒腕時計のムーブメント!自動巻きローターの違いとそれぞれの特徴

スポンサーリンク