スポンサーリンク

こんにちは、ターコイズです。

腕時計好きの方に今、話題の腕時計用クリーナー兼コーティング剤のクリスタルガード・クロノアーマーというコーティング剤が発売されています。(今はどこも売り切れているようです)

 

自動車などのボディーコーティングは、ポリマーだとかガラス系、樹脂、フッ素系などのコーティングはよく知られていると思います。

 

そんな腕時計用のコーティング剤クリスタルガード・クロノアーマーを使ってみたので効果などを試してみました。

 

※コーティング剤などについてはいろんな考えもあると思いますが、これは自分の使った感想で書いてます。

 

腕時計のクリーナー兼コーティングでキレイにピカピカ?

 

自動車など雨や埃などによる汚れから守る為にコーティングをされている方も多いとおもいます。コーティングをされていたら洗車などは楽に汚れを落とせるので便利ですよね。

 

クリスタルガードを塗り始めてすぐに輝きが増した事に気付きます。特に感じたのは、ポリッシュ加工部分の輝きでカーブした面はヌメッとした輝きが増した感じです。

 

 

日常で使う腕時計も汗や埃にさらされて汚れてしまいますので、車のコーティングのように

腕時計の表面にミクロのクリスタルガラス被膜を形成し汚れなどが付着しにくい状態となり

傷も付きにくいし簡単に埃や汚れを落とせるというクリーナー兼コーティング剤みたいです。

 

クリスタルガードの使い方は簡単!

よく振ってクロスに4~5回吹き付けたらその部分で塗り伸ばし、あとは乾拭きで仕上げるだけでOK!です。

 

コーティングする材質で気を付けたい物は水分を吸い込む素材だけのようで金属やプラスチックなど硬いものなら何でも効果ありそうです。

直ぐに効果は実感できますが、完全な硬化は24時間ほどで定着するようです。

 

サテン仕上げ面での効果は?

ポリッシュ部分の効果はすぐに確認できて実感があると感じますが、サテン仕上げなどの少しざらついた部分が気になり施工します。

インスタグラムでも投稿しましたが、少しざらついた仕上がりの効果を比較しました。

 

 

中のコマだけをクリスタルガードしてます。この時は、違いが良くわかりますね。

 

一番右の繋ぎコマだけコーティングしていない状態。これも違いが見えます。

この時までは、まだ違いが感じられましたが、、

スポンサーリンク

次の日に見ると完全硬化したのか色の違いも、全くわからない(笑)

 

余りコマを戻そうと思い組み付けてみると、あれ?どれだっけ?

そう!見た目の違いがわからないのです。右端のコマがそうなのですが、写真に撮っても違いを感じないのです。

ただ、触ればクリスタルガードを施した駒はスベスベしてるので元のざらついたコマとの区別はつきました。

これは、サテンのような仕上げの腕時計でも見た目がテカテカになるのではなくポリッシュ部分との差は保たれると感じましたね。

 

このクリスタルガードは、傷などを隠したり傷が埋まる効果はないですが、塗り始めるとポリッシュ部分は輝きを感じ、小傷などは気にならなくなります。

 

塗っている時や乾拭き時はクリーニング効果で指紋なども付きにくいいように感じますが、指に脂分があると指紋は同じように付く感じです。

まあ、指紋って人から出る脂などが付着して付くためで、表面が滑らかな状態になり触ればどうしても付きますね。

 

風防ガラスの輝きも増したように感じ、無反射コーティングの上から施しても色や輝きも変わらず、効果は保たれているのではないかと感じます。これは無反射コーティングを守るコーティングですね(笑)

 

水に濡れる時や、表面に水滴が付く時の感じは、少し水はじきも良くなっているようです。もの凄く撥水しているとは思えない感じでした。

 

腕時計の傷は知らないうちに付いている事も多く、その傷は自分が付けている事も多いと感じています。新品時は、傷ひとつない状態でピッカピカですが、腕時計に埃など付いた状態で拭くだけでも線傷が入ったりします。

 

指に汚れが付いていた事に気が付かないまま、ポリッシュ部分をなぞり自分で傷付け凹んだ事もありますね(笑)

傷などは使っていくうちに付いていくものだと思いますが、コーティングする事で少しでも傷から守れるならいいのではないかと思います。

 

コーティングなどについて

 

※コーティングについても個人的な考えです。

カメラレンズやメガネ、腕時計の風防に施されている蒸着されたコーティングとは違い、後から塗るような一般的なコーティングなどは超薄い(0.001ミリ程)被膜で何年も被膜を維持することなんて出来ないし擦れたら剥がれるものだと思います。

 

車のコーティングでは3年や5年間効果があるなど言われる物もありますが、それは定期的に洗い磨かれメンテナンスなどの施工で保たれているのだと感じます。

 

ガラス系でも何度も重ねて行けば塗膜やガラスのようになる事はないですね。コーティングの上に汚れが付着したら汚れの方が分厚いのではと思います。

 

このクリスタルガードも表面に、コーティングする事でキレイになり艶が増し、傷付きにくく、埃や汚れから守ってくれたりする効果のようです。(輝き方による好き嫌いがあるかも知れません)

 

宝石や天然石など自然界のままでないと価値が下がるような考えもあるので、人により考え方は違うと思いますが

腕時計など普段使いで一日に何度も見る事もあり、見た目はキレイでありたいし、汚れが付きにくいならこのような製品は便利だと感じますね。

 

汗ばむ季節だと定期的に柔らかいブラシなどで腕時計を洗浄する方もいると思いますが、何度も洗浄を繰り返すと剥がれるでしょうからコーティングを行う事でキレイさを保てればいいですね。

 

このコーティングをまだ、何十回も重ねてやってませんし、その後にどうなるかもわかりませんが、普段の使用で腕時計を擦れなどから守りキレイさを保てるなら良い商品だと思います。

 

これは私の使ってみた個人的な感想です。見た目の輝き方など人により違うにで自己責任でお願いします^^

 

まとめ

今、話題の腕時計にコーティングができるクリスタルガード・クロノアーマーを試してみました。

ポリッシュ部分はすぐに実感するほどピカピカになりますし小さな傷も目立たなくなるように思います。

 

私が気になったのはサテン部分がどう変化するのかと思い、チタン製サテン仕上げのモデルにクリスタルガードを施してみました。

最初は輝きの違いや色の違いなど感じてましたが、時間が経って見てみると区別が付かないようになった感じです。

 

サテン仕上げの場合、違いを感じるのは触って見る事でスベスベ感が違うという事。ポリッシュ部分はキラキラ輝きサテン部は見た目も変わらず汚れから腕時計を守れるなら良いのではないでしょうか。

 

コーティングなどが良い悪いは人それぞれであるでしょうが、自分の使った感じは良い印象で、いつまでもキレイに保てればいいと思います。

 

見た目などそれぞれ感じ方も違うので自己責任でお願いします。

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます⇒腕時計の傷を気にするならケースの素材と加工の違いでの選ぶ

今回も最後まで見て頂きまして、ありがとうございました 。

スポンサーリンク