スポンサーリンク

衝撃に強い構造などを機械式腕時計に取り入れながらもコストパフォーマンスの高い腕時計ブランドのボールウォッチはアメリカの鉄道時計としてあらゆる過酷な環境でも正確な時を告げる時計として始まり今も進化し続けているブランドです。

 

衝撃に強い耐衝撃・耐震システムを持つボールウォッチの新作

エンジニアⅢ アビエーター

NM2182C-S11J-BK

 

価格 210,000円+税

 

引用元:www.ballwatch.com

航空時計としての視認性の良さを重視して日付表示も排除してボールウォッチの代名詞ともいうべき。マイクロガスライトの夜光インデックスと針がいかなる時も光を放ち続けます。そしてこのモデルは衝撃においても万全の機構を備えコストパフォーマンスの高いモデルといえます。

 

仕様

ムーブメント 自動巻(BALLキャリバー RR1102-SL ) スイス製メカニカルムーブメント

パワーリザーブ 約38時間

ケース 40ミリ 厚さ13.45ミリ

素材 ステンレススティール

機能 針と文字盤のインデックスに自発光マイクロ・ガスライト

耐衝撃性 5,000Gs

 

スプリングロック耐震システム

スプリングシール耐震システム

アモータイザー衝撃吸収リング内蔵

耐磁性 80,000A/m(ミューメタル製インナーケース)

風防 反射防止処理済サファイアガラス

防水性能 100m

 

ボールウォッチの衝撃に強いスプリングロック耐震システム

 

引用元:www.ballwatch.com

 

腕時計の精度が低下する要因にヒゲゼンマイの動きが不安定になる事も精度の低下に繋がりボールウォッチの開発したこのスプリングロック耐震システムは衝撃の影響を緩和して安定安定させる世界初の耐震システムです。

ヒゲゼンマイは繊細な同心円状に巻かれた細いバネなので衝撃を受けると破損しやすくダメージも大きく受けてしまいます。

ボールウォッチのスプリングロックは時計に加わる衝撃を特殊なゲージに吸収させ衝撃の影響を最大で66%抑えムーブメントを安定させる事でゴルフやバイクに乗るなどのシーンでも着用する事が出来るようです。

 

ボールウォッチのスプリングシール耐震システム

引用元:www.ballwatch.com

精度を調整する緩急針が衝撃によりズレてしまうと時計の精度は大きく狂ってしまうので緩急針を特殊なプレートで抑えて固定する機構のスプリングシールを開発し衝撃によるズレを防いでいます。

スポンサーリンク

 

アモータイザー衝撃吸収リング内蔵

大きな衝撃は機械式時計の自動巻き機構のローターにダメージをもたらしムーブメントの破損につながるのでケースサイドからの衝撃に備え、ムーブメントを覆うように衝撃を吸収するエラストマー素材のインナーリングを備えています。

 

マイクロガスライトの視認性

ボールウォッチといえばマイクロガスライトの夜光システムで昼夜問わず光続けています。たとえ袖に腕時計が隠れていても蓄光タイプではない自発光なのでどんな場面でも視認性が良いといえますね!

 

引用元:www.ballwatch.com

まとめ

衝撃に強い機構などを取り入れながら進化するボールウォッチの新作アビエーターは航空ウォッチとして視認性を重視した瞬時に時間が読み取れるようにシンプルなアラビア数字とインデックスを取り入れています。

 

この新作モデルは衝撃にも耐えれるようスプリングロック耐震システム、スプリングシール耐震システム、アモータイザー衝撃吸収リング内蔵などを採用しておりゴルフやバイクにも着用する事が出きるとされています。

 

ボールウォッチの特徴にはマイクロガスライトの夜光が備えられているのでどんな暗い場面でも視認性を確保しています。

そしてボールウォッチの腕時計は様々な機能や機構を取り入れてコストパフォーマンスが高いブランド腕時計と言えますね!

この記事を読んだ人はコチラの記事も読まれています⇒腕時計の夜光ルミノバ! クロマライトって何が違うの?

スポンサーリンク