スポンサーリンク

ベゼルには素材や形を変えデザインされたり宝飾された豪華な物や腕時計の機能として使われる数字や目盛りを付けられたりそれが回転して機能するベゼルもあります。

腕時計のベゼルとは、一般的に風防の外周を囲う形で付けられたパーツです。

一般的にベゼルとは風防のガラスを押さえ込む形で付けられていますがそのベゼルに機能を持たせたベゼルもあります。

固定ベゼル

ロレックスのクラシックウォッチで例えるならツルっとしたシンプルなスムースベゼルとキラキラと輝くように削られたフルーテッドベゼルなどは見た目の美しさを表現されているものでダイヤモンドなどの宝飾された豪華なモデルもあります。

特にレディースモデルなら宝飾されたベゼルが似合いますね。

 

 

引用元:https://the-ticken.com

プロフェッショナルウォッチには機能としてのベゼルを搭載!

例えばロレックスのデイトナ(クロノグラフ)にはタキメータが搭載されていたりエクスプローラーⅡには24時間ベゼルを搭載してます。

 

タキメーター機能ベゼル

引用元:https://the-ticken.com

クロノグラフ(ストップウォッチ機能)を使いタキメータへの指針でおおよその速度や平均速度、一時間を基本とした作業量などを計測できます。

スポーツタイプのクロノグラフ腕時計にタキメータをつけたモデルは多いです。

24時間ベゼル

引用元:https://the-ticken.com

腕時計の24時間針は24時間で一周する針で24時間ベゼルの示す時間で昼、夜の区別が直ぐにわかります。

スポンサーリンク

 

回転式のベゼル

 

引用元:https://the-ticken.com

腕時計には固定式のベゼルの他に回転式するベゼルもあります。直接手で触って回転させるものや風防の中で回転するインナーベゼルもあります。

インナーベゼルの場合はリューズでの操作となるモデルもあります。

ベゼルの操作の触り心地やクリック感も各ブランドにより違いますので、触ってみてそれぞれの感じや良さを知って欲しい。

 

逆回転防止ベゼル

引用元:https://the-ticken.com

ダイバーズウオッチには殆んど付いてると思いますが、これはベゼルを分針に合わせて使います。ダイバーが潜水経過時間や酸素ボンベの残量を計測する為のベゼルです。

 

逆回転防止ベゼルの意味は潜水中に何かに触れても経過時間が短く酸素残量が少ない方向にしかベゼルが動かないという事で安全性を考慮しています。

 

ロレックスで例えればサブマリーナやシードゥエラーなどのモデル。ダイバーズウオッチとして確立されたデザインですね。

このモデルを模造した腕時計は数多くあります。

両方向回転ベゼル(GMT機能)

引用元:https://the-ticken.com

GMT機能を使うには両方向に回転する方が早く合わせられて便利です。

 

24時間計としてベゼル上に数字を配置し現在の時刻を24時間針で読み、短針を単独で動かす機能により第2時間を示す事が出来ます。そして、このベゼルを動かせるモデルならベゼルを回転させる事により第3時間も知る事ができます。

 

ロレックスで24時間計、両方向回転ベゼル機能付き腕時計はGMTマスターⅡです。6時から18時を境にベゼルを色分けすることで昼、夜の区別が明確になりやすいのでGMT機能を搭載した腕時計には青、赤などに色分けされたベゼルも多いです。

 

ロレックスではヨットレースで使うカウントダウン機能を搭載したヨットマスターⅡというモデルもあります。これはベゼルを動かすことによりカウントダウンのプログラムを設定できます。

 

そしてロレックスには年次カレンダーや二つのタイムゾーン表示できる一見は固定式ベゼルのようなスカイドゥエラーという腕時計がありこれにはリューズだけでなくベゼル操作での機能を設定するモデルもあります。

まとめ

ベゼルには様々な機能を持つものがあり腕時計の機能を使う上で欠かせない物もあります。特殊なベゼルではテレメーター、パルスメーター、計算尺、などベゼルの種類を挙げればまだまだ多く存在しますが、機械式ブランド腕時計で現代ではどのベゼルでも実際に使うというよりデザイン的な要素としてのベゼルが殆んどだと思います。(設定の為の回転ベゼルは除きます)

 

しかし、逆回転防止ベゼルなどは折角付いてあるのだから、ちょっとした時間を計る(駐車場に停めた時間を知るためにセットする)などに使う事もベゼル付き腕時計を楽しむ一つとしてはいいんじゃないかと思います

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます⇒中古の腕時計を買う時の注意点‼失敗しない買い方と選び方。

スポンサーリンク