スポンサーリンク

一般的に大きく分けて腕時計の駆動方式として機械式(メカニカル)とクォーツに分けられます。どちらが良いとかではなくそれぞれの良さを知って腕時計の選び方も決めて欲しいと思います。

 

機械式の腕時計とクォーツの腕時計の違い

 

腕時計の原動力としてゼンマイを巻いて戻ろうとする力を利用して動く腕時計を機械式、それに対しボタン電池や太陽電池の力で動く腕時計をクォーツ腕時計と呼ばれていますね。

 

機械式の腕時計

引用元:https://the-ticken.com

 

 

基本的にゼンマイの戻る力で駆動する機械式の腕時計ですのでクォーツ時計とは違いゼンマイがほどけてしまうと止まります。

機械式でも自動巻きの場合は腕に着け毎日使っていれば腕の動きで内部ローターと呼ばれる錘が回転する事によりゼンマイが巻かれ動き続けてますが時計外し使わずにずっと置いておけばやがて止まってしまいます。

ロレックスを買って次の日や数日後この時計壊れていると持って来られるお客様がいるとショップで聞いた事がありますが、ロレックスなどは殆ど機械式腕なのでこの事を知らない人はそう思いますよね。

 

高級ブランドの腕時計だからとても精度がいいので狂わないと思われている方もいますが機械式の腕時計は精度がクォーツの腕時計とは全く違い機械式の腕時計では1日に-10秒から+15秒程度の誤差があります。

 

しかし安価な物以外のある程度のブランドの機械式腕時計は定期的なオーバーホールなどのメンテナンスを行う事で長く使えます。雲上と呼ばれるブランドの機械式腕時計なら何世代にも渡り永遠に使い続けていけるとも言われていてそこが機械式腕時計の良さなのです。

 

ブランドの機械式腕時計にはクロノメーター検定協会による検定に合格した精度の高い腕時計も多くジュネーブシール、PPシールなどもっと厳しい規格で定めた独自の規格もあります。

クロノメーターについてはこちらの記事で解説しています⇒クロノメーターとクロノグラフは似てるけど全く違う意味。

 

クォーツの腕時計

引用元:https://the-ticken.com

 

電池や太陽電池(ソーラー)を原動力としているクォーツ時計は水晶に交流電圧をかけると一定の周期で振動する水晶振動子を用いているので精度は機械式の腕時計より断然いいです。

一般的にクォーツ時計の誤差は月に±20秒程度と言われています。

ただし一部の高級ブランドの高精度クォーツなら話は違い精度は驚きの年差が10秒程度なのです!

 

私のは電波時計だから狂わないよって思われると思いますが電波が届かない場所にずっといると普通のクォーツ並に狂います。まあそんな状況はなかなかないですが(笑)

 

安価なクォーツの腕時計の場合は今まで使ってたけど電池切れとかでそのまま使わなくなった方も多いと思います。あまりにも安価な腕時計は電池が切れる頃には外装もヤレて電池交換やメンテナンスなどしないですね。

 

安く簡単に作れてしまうだけに使い捨て感覚になるのも致し方ないのかも知れません。だだし高級時計ブランドのクォーツ時計はしっかりと作り込まれているのでメンテナンスすれば長い間使えます。

 

メンテナンス

 

腕時計にはメンテナンスが必要です。高級なブランドになれば尚更必要ですが、それがネックで意外と高級ブランドの腕時計を買う事を躊躇してる方も多いのかも知れませんね。

 

機械式ならオーバーホールを定期的に行わなければならないですしクォーツでも電池交換やオーバーホールが必要です。高級ブランドはそれなりに維持費が掛かるのは致し方ないです。

 

でも、高い物って大切に扱いますよね!いい物を大切に使えば長く付き合えます。機械式腕時計の場合オーバーホールで定期的にメンテナンスしてれば親から子供たちに受け継ぐ事もできます。

 

腕時計を選ぶ際に日々の生活で数秒の違いが影響を受けるなら間違いなくクォーツ時計をおすすめしますが、そこまで時間に捉われないなら機械式腕時計もいいと思いますよ。

 

まとめ

機械式の腕時計はゼンマイの駆動力で動きクォーツの腕時計は電池やソーラーバッテリーによる水晶振動子を用いて動かしています。

 

機械式とクォーツはそれぞれの良さがあるので使い方により選んで欲しいです。

 

安価な腕時計以外メンテナンスはどちらも必要でありいい物を大切に使って長く付き合って欲しいと思います

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます⇒フォーマルな場面での腕時計!冠婚葬祭に使う腕時計の選び方

スポンサーリンク