スポンサーリンク

こんにちは、ターコイズです。

ブランド腕時計の新品は高くて手が出せないとか、もう新品は買えない古いモデルなど

中古でしか手に入らない腕時計もあります。

 

そんな中古の腕時計を購入する時の注意点、失敗しない見定め方など考えて買って欲しい。

 

中古の腕時計を選ぶ理由

腕時計は新品しか買わない方も居られると思いいますが、ブランド腕時計などはやはり高額であり中古の方が安く買いやすいモデルも多くあります。

 

限定モデルなどで販売数が限られていて発売時に買えなければ中古で探す事もあるでしょう。

ロレックスなどの人気モデルは正規店で簡単に新品を買う事が出来ないので並行品や中古を買われる方もいます

 

欲しいモデルが古いモデルなら中古しか選択肢はありませんね。

 

外装など、失敗しない選び方と注意点

いろんな角度からじっくりと見て欲しい。

1.全体的な見た目のキレイさ、動きなどをチェック!

全体的に見て大きな傷などないかいろんな角度からチェックしながら触ってみる!気になればケースや風防など軽くなぞると分かりやすい。

ケースとブレスレットの継ぎ目であったりコマの隙間やバランスなど見る。

 

ブレスレットの緩みは気になるところです。

腕時計のブレスレットは何年も使っていれば緩んできます。中古の場合、ある程度の年式相応の緩みは仕方ないところです。

 

古いモデルほど緩みは大きい傾向にありますが、中には年式は古くてもあまり使用されていない場合は緩みの少ない物もあります。

 

新品に近い新しいモデルはそれ程、気にしなくてもいいです。

 

 

クラスプの動きや使いやすさも確認したいです。同じようなモデルでも年式によりクラスプの部分が違うモデルもあり見た目や着装感も違うので確認してはしいです。

 

 

 

クラスプは新しいモデルほど丈夫になっていたり微調整が出来るようになったりと進化してますね。

ロレックスのブレスレットやクラスプについてはコチラの記事で解説してます⇒ロレックスの人気はブレスレットとクラスプにもあった。

 

回転ベゼルを持つ腕時計なら回転させてみると刻みのクリック感やラチェット感も確かめられます。

 

 

どうしても腕時計のベゼル部分は、傷付きやすい部分です。回転ベゼルや、タキメーターなど刻印がありあまり磨く事の出来ない部分や、ゴールド製などのベゼルは柔らかく傷が入りやすいので気になる方はベゼルもしっかりとチェックして下さい。

 

 

新しいモデルなどで使わているセラミック製のベゼルなら傷は入りにくいので気にする事はないと思います。

ベゼルについてはコチラの記事で詳しく解説しています⇒腕時計のベゼルを使ってもっと活用!どんな機能があるのか?

 

スポンサーリンク

風防も年式やモデルにより違い、プラスチック素材の風防などもあります。プラスチック風防は細かい擦り傷などは入っていますがそれが味として良い場合もありますね。

硬いサファイヤガラスの風防でも細かい傷や欠けがある事もありますので、見た目はキレイでも小さい傷など入っている場合もあるので、お店の方に確認した方が安心ですね。

 

風防についてはコチラの記事で詳しく解説しています⇒腕時計のサファイアガラスやプラスチック風防の形や材質で楽しむ

 

リューズの巻き上げ感や時針、分針の動きなども出来れば確認してみたいところです。引っ掛かりや動きが重い、硬いなどチェックして見て下さい。外装がいくらキレイでも内部に不具合があるとダメないので、気になればお店の方に確認した方がいいです。

 

※リューズなど触る場合は必ずお店の方に聞いてから行ってくださいね。

 

 

古いモデルは防水性能も気になるところです。

ダイバーズウオッチでも古ければ日常生活防水と考えた方がいいモデルもありますからビンテージなどの古いモデルは防水性能も確認して欲しいです。

 

2.着けた着装感、大きさ、重さ

何度か触ったりして見た事のある腕時計なら感じは掴めていると思いますが、見た目だけで実際に触るのが初めてなら自分の腕に合う大きさなのか、重さはどうかなどの着装感を確かめて欲しいです。

 

腕時計によって実際に腕に乗せてみたら似合わない事もあります。鏡に映してもわかりにくい場合は、お店の方に着けてもらい人の着けた感じを自分の目線で確かめたいです。

 

3.照明の違いでの見え方、明るさや色の違い

店内の照明は腕時計をキレイに見せる工夫をした照明も多く、文字盤の色や輝きは、外の太陽光や家庭などの蛍光灯とは違います。できれば屋外の実際の光で確かめるのがいいです。

 

夜の視認性を良くする為の夜光を文字盤や針に施したモデルがありますが、ブランドや年代によって色なども違います。

 

夜光など気になるなら出来れば暗い所で確認して欲しいです。

夜光についてはコチラの記事で詳しく解説しています⇒腕時計の夜光ルミノバ! クロマライトって何が違うの?

どこで買う?値段は?保証などの注意点

1.修理歴や交換された部品、オーバーホール時期

時計自体はキレイであっても悪い外装部品など交換されている場合もあります。

 

修理された箇所があるのかなどをお店の方に聞いてみましょう。それと、いつ整備されているか、オーバーホール時期なども確かめておきましょう。

2.保証期間や返品

中古でも何か月か保証の期間があるのと、返品など出来るのかも確認しておくのも大切です。

3.値段の交渉

中古品はそれぞれ物も違うので値段もお店によって多少違います。

 

ある程度の相場はありますが他店と違う場合は値引きの交渉などしてみるといいです。

ただ、お店側も買い取りや仕入れ価格が違うので応じてくれないお店もあるでしょう。

4.相場の変動と買い時

新品でも急に値上げしたり、値下げする事もあります。海外ブランドの腕時計などは為替や株価などでも価格は変動するので難しいですが、欲しい時が、買い時かな(笑)

 

しかし今は、新型コロナの影響で株価も大きく値下がりしていますので様子を見た方が良い時期かも知れません。

5.どこで買う

少しでも安く買いたいならオークションなどありますが、高額だと怖いですね。

 

オークションをいつも使われていて絶対安心できると自分で判断できる方なら安く買える可能性はあります。しかし、写真だけで実際に手で触り確認出来ないので私は利用していません。

 

ブランドを扱う質屋さんにもブランド腕時計は置いている所もあります。思わぬ掘り出し物に出合える事もあるかも知れませんね。

 

信頼性の高いショップなどのネット販売や信頼のあるショップで自分の目で確認した上で購入した方が安心です。

まとめ

初めて買う時などは特に気を付けたい事としては、実際に欲しい腕時計を目の前にしたら、見ているようで見れてない事もあります。

 

中古は何かしらの傷はあると思いますのでしっかりとチェックして少しでも気になるところがあれば、お店に聞く事が大切です。

新品や未使用なら傷などないですが、チェックしないまま買ってしまうと後で後悔する事になりますよ。

 

中古の場合は新品と違い保護シールなどしてない物も多く輝きや着装感などは確かめやすいですが、腕に乗せたりベゼルやリューズなど触る時にはお店の方に聞いてから触って下さい。

 

それと指輪などのアクセサリーを身に着けているなら商品に傷付けないように外すなどの配慮して触るのがマナーだと思います。

 

いろいろと細かい事まで書きましたがブランド腕時計は安い買い物ではないので、じっくり見て考えて良い腕時計を購入して欲しいです。

他の人と一緒に見ると意見を聞けたり冷静な判断で見れる事もありますよ^^

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます⇒えっ!腕時計の中古を買うの?新品は高いから!だけじゃない!

今回も最後まで見て頂きまして、ありがとうございました 。

スポンサーリンク