スポンサーリンク

2019年11月26日から始動するパネライの新しい保証制度がPAMガードが始まります。

 

PAMガード パネライ国際限定保証

 

パネライの腕時計の国際保証が2年から最長8年に延長されることになりました。

2019年11月26日から始まり現在保証期間内となる(2017年11月26日)以降に正規店で購入された方も6年の保証延長が可能です。

保証の延長に際してはケースの番号、名前、メールアドレスなどの登録が必要となります。

 

引用元:www.panerai.com

国際限定保証

Panerai Pam.Guardプログラムの条件を満たし、保証の期間延長が適用されたパネライウォッチの場合、本来のパネライ国際限定保証の期間を最長6年まで延長できます。パネライ国際限定保証の期間は、いかなる理由があっても、合計で8年を超えることはできませんのでご注意ください。国際限定保証が適用されているパネライウォッチを後に別の方がご購入になったり、ギフトとして受け取られた場合、保証をそのまま引き継ぐことができます。

出典:www.panerai.com

 

ブランド腕時計の保証期間

ブランド腕時計の保証期間は殆んど2年ですが保証期間を長くしたり延長など出来るブランドも増えています。

ロレックス 5年

ロレックスの場合は正規販売店で購入日から5年間の保証となっています。(2015年7月1日から適用)

 

オメガ 5年

2018年7月1日以降に購入された全ての新品オメガの腕時計に対し国際保証を5年に延長しています。

 

ブライトリング 5年及び2年

国内正規品で購入者の保証書があり2012年以降の自社ムーヴメント搭載モデルは5年、その他のモデルは2年で保証規定に添って日本国内でアフターサービスを受けれます。ブライトリングの場合、国内正規品のみメンテナンスが半額になる制度もあります。

 

IWC 2年 延長で8年

IWCもパネライと同じように「MY IWC」プログラムに登録する事で2年の保証から8年まで延長出来るようです。

スポンサーリンク

 

その他のブランド保証期間

 

AP オーデマ・ピゲ 2年 延長で5年

 

リシャールミル  5年

 

タグ・ホイヤー  2年 エドワードクラブ入会で延長4年

 

GS  グランドセイコー  3年

 

ロジェデュブイ  国内正規登録後に保証延長申請で3年

 

ゼニス      正規、並行の差は無し登録後に保証延長申請で3年

 

ランゲ&ゾーネ  国内正規3年 並行2年

 

ブランド腕時計の保証期間は2年間が多いですが人気ブランドは保証期間が長かったり延長出来るブランドも多いですので、やはり人気ブランドを選ぶ理由とメリットがあると感じます。これからは保証期間を延ばして来るブランドも増えて来るのかも知れませんね。

 

注意! ブランドにより保証書に店名や購入者の名前の記載が有る無しで無効となるブランドもあります。

 

まとめ

 

パネライの新しい保証制度がPAMガードが始まり国際保証が2年から最長8年に延長されることになりました。

その他のブランドでは2年間の保証期間が多いですが人気ブランドは保証期間を長くしたり延長出来るようになっています。

保証期間が長いとやはり信頼出来ますし選ぶ理由やメリットを感じますね。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。中古や並行品で選ぶ腕時計ブランド!メリットやデメリット⁈

スポンサーリンク