スポンサーリンク

腕時計を一本持っていてビジネスからプライベートまで使うという方が大半を占めると思いますが、少しでも腕時計に興味を持っている時計好きの方なら使い方に応じて数本欲しいところだと思います。数本持つなら同じようなモデルよりTPOなどに合った腕時計や自分のファッションに合う腕時計を選びたいですね。

どんなモデルが自分のライフスタイルに合う時計なのかチェックしてみたいと思います。

 

ビジネス business

一般的なサラリーマンが使うビジネスウォッチとしては派手でないスチールの腕時計を選んでいる方が多いと思いますが、デスクワーク中心での仕事と屋外での肉体労働では全く違うでしょうし水仕事や時間管理の大切な仕事など機能性によって使える時計を選んでいると思います。

 

仕事で時間の正確さを要求される場合はクォーツの腕時計を選ぶと思いますし身体を使う労働で振動など受ける場合は衝撃性に弱い機械式の腕時計は使わない方が無難ですのでやはりこちらもクォーツの腕時計がいいですね。

 

仕事上で腕時計を使えない職場環境もあるでしょうからそういった方は通勤の時に使う腕時計はプライベートで使う腕時計に近いのかも知れないですね。

 

ビジネスで使われている腕時計の本数

一本だけ所有の方から日替わりや週替わりで腕時計を替える方まで所有する数は違うと思います。

 

スーツでの仕事では革のバンドを使われている方も多いと思いますが革の色をベルトや革靴の色と合わせたりすると統一感がありいいですよね!一本の腕時計でもブレスレットタイプから革やラバーのバンドに変えるだけでも雰囲気は変わるし一本でも多く所有してるように楽しめます。

 

屋外での仕事だとデスクワークと違い傷つきやすい事もあるのでポリッシュより傷が目立ちにくいサテン仕上げやDLC加工などの方が使い勝手はいいです。多くの腕時計を所有していてもハードな仕事では使いにくいので仕事上は一本派でもプライベートで多く楽しむ方もいると思います。

 

ビジネスの定番腕時計

引用元:https://the-ticken.com

 

たとえばロレックスだとデイトジャストやスポーティーなモデルならエクスプローラⅠでしょう。シンプルな3針でデイトジャストの場合は3連ブレスレットにスムースベゼルが無難ですね。

文字盤の色も白、黒、シルバー辺りが主張し過ぎず良いと思いますし革のバンドでも似合います。

グランドセイコーなどのクォーツモデルは精度がいいので時間管理のビジネスでは使いやすいですね。クォーツの腕時計なら機械式の腕時計に比べ衝撃にも強いので現場作業でも安心です。

スポンサーリンク

 

プライベート private

プライベートならもう趣味の範囲で選べばいいですが仕事にどんな腕時計でもOK!の方ならプライベートでとか関係ないでしょう。しかしビジネスで無難なモデルを一本使ってるなら冠婚葬祭とかに使えるのでそれ以外で遊びで楽しむモデルを大胆に選んでもいいと思います。

引用元:https://the-ticken.com

季節に合わせて自分のファッションを楽しめればいいし休日のファッションアイテムとしてお洒落に決めるのかアウトドアでアクティブに遊ぶ機能性の高いモデルなど自分のライフスタイルにマッチする腕時計が何本かあれば満足出来ますね。

 

まとめ

一般サラリーマンのビジネスウォッチならステンレスモデルの3針でサイズは40ミリ前後の大きさか少し小さめのものがあまり主張し過ぎず使いやすいと思います。傷付きやすい仕事ならDLCなどの加工された傷付きにくいモデルかサテン仕上げを選べばいいし衝撃が気になるならクオーツがベストだと思います。

プライベートなら何でもありで金無垢やコンビモデル、デカ厚など楽しむ腕時計として時計好きなら何本か欲しいところですよね。

仕事でどんな腕時計でも使えるのが時計好きには最高の環境でしょうけどサラリーマンだとなかなか出来ないと思いますのでプライベートでいろいろ好きな腕時計を楽しみたいですね、。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます⇒腕時計をする人ですか?しない人⁈あなたに腕時計は必要ですか?

スポンサーリンク