スポンサーリンク

どのブランドもステンレスモデルのスポーツウォッチが人気ですが最近では金無垢モデルの人気も高まってますので大人の魅力的なゴールドモデルの魅力をチェックしてみたいと思います。

 

GOLD素材の腕時計

金無垢素材のゴールドと呼ばれる腕時計にはイエローゴールド、ピンク(ローズ)ゴールド、ホワイトゴールドなどがあり他にもレッドゴールド、グリーンゴールド、パープルゴールドといった呼び名の違うゴールドも存在します。そもそも腕時計に使われるゴールドモデルは18と呼ばれる素材で純金ではないです。

 

ゴールド素材の純金は24なので混ぜ物なしの金100パーセントでありますが、腕時計に使うには柔らかすぎるので100パーセント25パーセントに別の金属を混ぜる事で硬度を出しています。(24金が100%ですので75%は18金)

 

そしてこの25パーセントに混ぜる金属の種類や配合によって色が変わり強度も出せるので各ブランドが混ぜ合わせる素材などで自社の独自性を出しています。

 

YELLOW  GOLD  イエローゴールド

金といえばこのイエローゴールドが純金に近い色で最もゴールドモデルらしい存在感を持つ色になると思います。ゴールドの中でもカジュアルなスタイルでも使え変色もしにくいので使いやすい。日本人の肌にも馴染みやすい色合いだといわれています。

 

 

引用元:the-ticken

PINK  GOLD  ピンクゴールド

柔らかな色あいで優しい輝きがシックであり落ち着いた雰囲気です。銅の比率が高いため赤色が入った感じでローズゴールドともいわれます。

 

 

引用元:the-ticken

 

WHITE  GOLD  ホワイトゴールド

こちらは白(銀色)なのでプラチナ(白金)と区別がつきにくいと思いますがもとは金なので混ぜ合わせて白色金にしています。プラチナと比べ少し柔らかな印象の輝きです。

 

引用元:the-ticken

スポンサーリンク

EVEROSE  GOLD  エバーローズゴールド

ロレックスのゴールドで特徴的なのはエバーローズゴールドでしょう。

 

 

 

引用元:the-ticken

これはピンクゴールド系ですがロレックスは自社専用の鋳造場を持ち他社にない卓越した技術でゴールド合金の製造が行われていて一般的なピンクゴールドよりも優しい色合いになっています。

もともとピンクゴールドは銅を多く含みますから変色しやすい特徴があるためロレックスは独自にプラチナ素材を混ぜる事で変色に強い素材を開発したのです。

 

 

まとめ

 

腕時計でのゴールド素材をチェックしましたがステンレスなどと違いどちらかと言えばドレス系の方が似合う素材だと思います。金やプラチナなどは希少価値の高い金属は比重が違いとても重いので身に着けていると腕時計の存在感もたっぷりと味わえます。

 

金はとても柔らかい金属なので他の金属を混ぜて硬度を上げてその混ぜ合わせる素材により各ブランドが違いを出してもいます。ステンレスモデルなどと比べたら柔らかく傷は付きやすいですがそれもゴールドの味わいで永く付き合って行く程に愛着も湧いて楽しめる腕時計だと感じます。

 

ダイヤや金などはステータスの象徴として身に着ける方が多いのでいやらしく感じる方もいると思いますがグレードの高いファッショとして取り入れ使ってみるとゴールドの持つ質の良さも感じられると思いますので一度触れて本物のゴールド素材を感じて欲しいと思います

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます⇒雲上時計!世界三大ブランドの超人気スポーティーなモデルはこれ!

スポンサーリンク